医療費控除について

自分自身や家族のために医療費を支払った場合に、一定の金額の所得控除を受けることができます。これを医療費控除といいます。

1年間に支払った医療費が10万円以上だった場合(年収によっては10万円以下でも可)に適応され、医療費が税金の還付、軽減の対象となる制度です。

インプラント及び自費治療でかかった費用も医療費控除の対象となり、税務署へ確定申告することで、お金が戻ります。インプラント等の治療費を計算する際には、費用負担軽減のためにも、ご参考にしてください。

医療費控除の対象となる金額

[医療費の合計] - [保険金などで補てんされる金額] - [10万円] = [医療費控除額]

医療費控除を受けるには申告を行う必要がありますが、申告書は、地域の税務署や申告会場へ 直接提出するか、もしくは郵送、またはインターネットでも受け付けも可能のようです。

医療費控除の手続き

医療費控除の手続きを行うには、以下のものが必要です。

確定申告書
医療費の明細書
医療費の支出を証明する書類(領収書など)
源泉徴収票(給与所得のある方)
保険給付金の控え
認印
通帳

ひなデンタルクリニック トップページへ

(C)ひなデンタルクリニック All Rights Reserved.